« 能登目立ってるよ能登 | メイン | こういうものなのかしら? »

2004年08月21日

Windows XP SP2

Tentative Name.さんにWindows XP SP2の日本語正式版が公開されたらしいとの情報がありました。
米国では個人ユーザ向けの配布が始まったようですし、
私自身SP2のリリースを半年以上待ち続けていたので早速落としてインストールしてみました。
#待ち続けていた理由は特にないんですけれど、なんとなく…。

インストールを終えたあとのWindowsのバージョン情報はこんな感じ。
うしろの壁紙は…?

ごきげんよう。

見れば分かるかと思いますが、MSDNなどで配布されているRTM版の模様。
どうやらまだ正式版ではないみたいで、日本語版が出るのはもう少し先になるようです。
記事にもあるように、「これは正式版ではない」というマイクロソフトからのコメントも。

うちの環境だと、ファイルバックアップ時に「atapi.sysがない」と言われて先に進めなかったこと以外は特に問題はありませんでした。
#OSインストールディスクのi386ディレクトリにある「ATAPISY_」からatapi.sysを抽出してdriversディレクトリに入れたら問題が解決。
#でもatapi.sysは存在していたんですよね、ちゃんと…。

ちなみにRC2をインストールしようとしたときには「atapi.sysが使用中」と言われて先に進めませんでした…。

さて、これを今の段階でインストールすべきかどうかですが…。
分かっているとは思いますが自己責任で、ということになるんでしょうか。
新しいものが好きな人か、OSの再インストールが楽しめる人じゃない限りオススメできません
マイクロソフトから正式な告知が行われたあとの方がいいでしょうねぇ。

参考リンク
Windows XP Service Pack 2 セキュリティ強化機能搭載
マイクロソフト、Windows XP SP2適用後に不具合が発生するソフトの一覧を公開
窓の杜より)

投稿者 Haruka : 2004年08月21日 07:12

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://candy.sumomo.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/10