« 他にも書くことはあるけれど…。 | メイン | アイラビュー? »

2005年04月18日

新幹線通学の実現性

shinkansen3.jpg

今日の帰り、サークルの友人であるM嬢と話しながら列車に乗っていた。
そのときに、「S氏が今年から自宅通学に切り替えた」ということを聞いた。
その時間は2時間程度になるとか…。
2時間か…。

それを聞いてふと思った。
実家から大学まで、新幹線を使うと2時間半~3時間くらい。
来年度、1限に授業がなく、履修単位数が少ないという条件の下でなら
自宅通学が可能なのでは、と。
在来線か新幹線か、白河の関を越えるか否かなど、条件は違うけれど。
ちょっと計算してみたところ、下宿よりも安いかもしれない。
家賃・食費・水道代・光熱費・固定電話代・ADSL・NHK…。

#以前月曜日の朝遅くに実家を出て、そのまま大学で午後の授業を受けたことが何度か。
#その逆で、夕方の授業が終わってから大学から実家に向かい、夜には着いたことも。

ただ、大学卒業後に郷里に戻るのならともかく、そうでないとどうなるのかとも考えるけれど…。
あとは、長い通学時間とか。
新幹線に乗ることは苦にならないけれど、毎日だとどうなる?
朝早く来なくちゃならないときや、遅くなるときは…?
便利(と思われる)都会の生活から、田舎の生活になることは?
あと、テレビ東京をはじめ、深夜アニメが観られなくなることは?
まあ、いろいろと考えることはあるわけで…。

これが都心のキャンパスで、実家の最寄り駅が新幹線駅だったら十分可能なんだけど。
郡山か新白河まで車で向かうという方法もあるけれど、運転免許と駐車場代が…。
やっぱり難しいかな…?

投稿者 Haruka : 2005年04月18日 21:18

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://candy.sumomo.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/135