« 図書館実習 | メイン | 実家に帰りました。 »

2005年04月23日

とある教養科目にて

tebadome.jpg

やはり、教養科目は一年生が取るものなのでしょうか?
#写真と本文は関係がありません、いつものように。

それはともかく、とある講義でのこと。
ガイダンスでとてつもない衝撃を受けたものでしたが、授業は授業で熱かった。
学生の数自体は、申し込んでいた人間よりも少なかったように思うけれど熱かった。
冷房が効きすぎて寒かったけれど、先生は熱かった…。

まさか、いきなり先生から指されるとは思わなかった。
専門科目や語学ならともかく、教養科目で指されるとは思わなかった;;
「政治」という意味の英単語が出てこなくて恥ずかしい思いをしました。
間違った答えを言ってしまったし。
先生は「聞き間違い」ということにしてくださいましたが。
#あれは公共のですね、"public"は(苦笑)
#ちなみに「政治」は"politics"でした。

でも、「わからずとも、自分をバカと思うな」という先生の言葉に勇気づけられました。
「今できることで、最善を尽くせ」とも。
#というようなことを言っていたような気がする。

未だに、どういう人なのかが掴めません…いや、掴む必要もないのかも。
ただ、とってもハートが熱い人なのだ、ということは判りました。
少なくとも普通の教養科目の講義とは違う、ということだけは確かなのです。

ということで、今後も履修継続しようかと思います。

投稿者 Haruka : 2005年04月23日 02:18

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://candy.sumomo.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/138