« 旧友との再会 | メイン | やっぱり人付き合いは難しい。 »

2005年08月15日

ガツガツすると、何事もダメになるのですよ。

masugata2.jpg

なんの脈絡もありませんが、思うことを一つ。

過去の経験からなのか、親から受けてきた教育からなのか、
恋愛(と、必ずそれに絡んでくる性欲)が肯定できず、 無限ループに陥ることがあります。
特に、性欲については「汚らわしい」という印象すら持っています…。
だから、以前と比較して極端に貞操観念が低くなった、または貞操を守ることを恥とする最近の風潮にはどうしても賛同できないのです。
一般的に言われる「女性の」だけではなく、「男性の」ものについてもだけど。
男性のそれについてはあまり問われることがないような気もするけれど、個人的にはそれもどうなのかなと思っているのです。
まあ、喪男(=モテナイ男)の僻みと言われればそれまでだけど。(苦笑)
#「マスゴミが煽っているだけ」と思っているのだけど、実際のところはどうなのでしょうか?

とそんなことを言いながらも、いわゆる「健全な成年男子」である以上どうしても収まらない物は収まらないのです。
そんな「汚らわしい」自分に絶望し、自己嫌悪に陥り、同族嫌悪に陥る。
自分を慰めることで、溜まったものを発散させたとしても、爽快感が得られる一方で罪悪感が残ることもしばしば。
本能の赴くままに行動していたら、それはサルと変わらないじゃないかとね。
格好良く言えば、理性と本能の狭間で葛藤しているとでも表現すればいいのかしら?(苦笑

私の男が嫌いな理由のひとつはそこにあるのかもしれません。
必ずしもこの理由だけで、男が嫌いになるわけではないのだけど。
特定の人間が嫌いというわけではなく、男性すべてが嫌いというわけでもなく…。
ただ、時として肯定できなくなることがある、と。
自分の中にある「男」というものに嫌悪感を抱くことがあるのですよ。
いったい何なんだろうなぁ…(´Д`)

#HNに「Haruka」なる名前を使っているのもその発露なのかもしれません。(苦笑)

投稿者 Haruka : 2005年08月15日 01:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://candy.sumomo.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/173