« 合宿から帰ってきましたv | メイン | ブログでの発言が企業を巻き込む…。 »

2005年08月23日

ふじさんのふもとのとしょかん

fuji_lib.jpg

たまには図書館ブログらしいことも書こう。
ちなみに、写真は富士河口湖町立図書館の返却ポスト。

初日の見学先は富士河口湖町立図書館
WebサイトがAVCCのgood site賞を受賞したところでもあります。
今回は「学校図書館と公共図書館との情報ネットワーク」構築に関するお話を伺いにいきました。
電算化の進め方(外部委託せずに自分たちでやったところ、入力研修会などを通じて横の連携も構築できた)や、学校図書館とのネットワーク構築、ボランティアとの協働、来年にも完成する新館について…。
新館移転前の図書館を見学することが出来たので、できれば移転後にも見学に行ってみたいところです。

ちなみにここのWebサイトは図書館の方で自分たちで一から構築したものだとか。
外注も考えたが諸事情で自前で構築したとのことですが、むしろそれがよかったのかなと思います。

確かに、外注した方がきれいに、ある意味で合理的に見栄えのいいものが作れるのだけど、多くの場合は、契約ははじめの作成のみ、あとから情報を追加・修正することを考えずに、見栄えの問題だけで画像や有料フォントを使ってしまうから、発注側で情報を更新したいと思っても、変更が出来ずにずっとそのまま放置されてしまうことが多いようです。
それで、はじめは物珍しさに見に来る人が多くても、更新されないから飽きられてしまうという問題が発生する訳です。

確かに、何もないところから自分たちで構築するとなるといろいろと調べながら構築するから多少能率は悪くなるけれど、後々自由に更新・修正が出来るから、情報提供者にとっても、サイト利用者にとっても便利になるのかもしれない、と感じました。

ここのサイトは比較的こまめに更新しているようで、それがgood site賞の受賞に繋がったのかなという気がしています。

投稿者 Haruka : 2005年08月23日 17:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://candy.sumomo.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/179